>

職務経歴書でプレゼンテーションする

書くべき内容

タイトルに職務経歴書を入れ、日付と氏名を右に記入します。
職務要約(経歴要約)
職歴を250字程度文字程度に、わかりやすくまとめます。
応募企業でどのように活かせるかを強調しましょう。
職務経歴
具体的に、在職した期間、会社名、行ってきた業務内容を記載していきます。
そこであげた実績や評価についても明記します。
資格・スキル
仕事で活かせる知識やスキルがあれば、記載します。
英語の語学力ならば、英検の級・TOEICの点数や仕事で使ったシーン。
パソコンでのスキル、Word・Excelのレベルなど。
自己PR
履歴書の内容と同じにならないようにしましょう。
入社後の活躍を期待してもらえるようにしっかりとアピールしましょう。

書き方の注意点

A4サイズの用紙に読みやすいように1~2枚でまとめましょう。
箇条書きにして読みやすい文章にしましょう。
ぱっと見た時にわかりやすそうな書類に仕上げます。
実績やスキルの具体的な業務内容がわかるように整理して、わかりやすいレイアウトで伝えることが必要です。
また、面接時に、職務経歴書にそって質問されてもしっかり回答ができるようにしましょう。
頑張りましたではなく具体的な業績を伝えます。
誤字脱字はマイナス評価になりますので最終チェックは必要です。
丁寧に作れば、誠実さも伝わりやすくなります。
また、職種によってアピールポイントも違ってきます。
就職支援のホームページで職種毎のフォーマットを参考にしてはいかがでしょうか。


この記事をシェアする