>

書類選考の通過を目指そう

最低限のミスやマナーはクリアしましょう

日付
必ず提出日を明記し、使いまわしをしないようにしましょう。
氏名
姓と名前の間にスペースを入れて分かりやすく記入します。
ふりがなは、ひらがな・カタカナと記載されている表記に合わせます。
証明写真
第一印象となりますので、服装に気を配り、意欲が伝わるような表情に努めましょう。
スピード写真より写真店で3カ月以内に撮影したもの。
はがれた時のために裏には名前を記入しておきます。
年齢
送付した時の年齢
住所
都道府県から省略せず、郵便番号、マンション名、ふりがなも記入しましょう。
電話番号
確実に連絡の取れるように固定電話より携帯電話の番号の方がいいかもしれません。
メールアドレス
迅速に確認ができるアドレスにします。
印鑑
シャチハタではなく、認印が一般的です。

職歴は業務内容も書いてアピール

学歴・職歴
中途採用の場合は、職歴も記入しますので、義務教育まで書かなくても、高校からでも大丈夫です。
履修内容がわかるように学部、学科まで明記します。
学校名は、略さずに正式名称で書きましょう。
高校の学科や大学の学部・学科・専攻を記載し、専攻した理由や内容も答えられるよう準備しておきます。
職歴は、全ての会社の入社・退社歴を正式名称で記入します。
職務経歴書を別途作成する場合には、簡潔に記載するだけでも構いません。
免許・資格
免許の次に資格を取得順に記入します。
健康状態
問題がなければ良好と記入します。
通院などで業務に影響がある場合は、記入しておきましょう。
本人希望欄
特になければ、貴社の規定に従いますと記入します。


この記事をシェアする